食欲と性欲を養生に・・ヨコシマお料理のレシピメモです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
人間として生まれた価値は、一つには快感(幸福)を味わう事と言える。

その内重要な一つがセックスであると思うが、セックスと健康についてアメリカの美人女流作家で栄養学者でもあるノーラ・ハイデンはその著書 "Energy"の中で「セックスは心臓と生命を長持ちさせる」という本から「セックスの効用」を十項目挙げている。

①       ホルモンのバランスを調整し、動脈の活性化を促進する。

②       女性にとって老化現象の進行を防ぎ、若さを保つのに役立つ。

③       人生に愛、夢と希望、生き甲斐をもたらす。

④       夫婦生活を楽しく、潤いのあるものにする。中年になって独身生活を送っている男性の五〇%は心臓麻痺になっているそうだ。

⑤       男性が加齢してからの不整脈や、インポテンツ防止に役立つ。

⑥       フラストレーションによる食べ過ぎ、酒やタバコの飲み過ぎを抑制する。

⑦       コレステロールのレベルを下げるのに役立つ。

⑧       性格を温和にし、落ち込んだり、孤独にならず、やる気をもたらす。

⑨       心と身体の柔軟体操として大いに役立つものである。

⑩       最も経済的にストレスを解消する唯一の方法である。
 
快感を感じるのは性器ではなく、それらに対する刺激によって分泌されるドーパミン(脳内麻薬のようなもの)を脳神経細胞によってキャッチされ、性的な恍惚や陶酔をもたらすと言う。

その快感は、ドーパミンの量に比例する。
 
その量は当然、深い愛情や質の高いセックスによって増すが、もともとホルモンの一種であるので、ビタミンやミネラル(亜鉛やセレニウム等)の摂取によっても影響を受ける。特に大豆から抽出されたリン脂質は、欧米では昔からセックスの補助剤と扱われてきた。
 
栄養をバランスよく取ることにより、深い愛と質の高いセックスを後押しし、より快感が高まる。そしてセックスによって、より健康になっていく。そして更に強くなる。こんな素晴らしい好循環だ。
スポンサーサイト
2013.09.06 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://yokosimarecipe.blog40.fc2.com/tb.php/456-4e7bde43
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。