食欲と性欲を養生に・・ヨコシマお料理のレシピメモです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
o0614042611168623436.jpg
今夜はトマトです。トマト専用ドレッシングをみつけたのでトライしてみました。昨夜湯むきして一日中冷やしたトマトとミニトマトぱくぱく。手間かけないミニトマトの方が美味しかった(T ^ T)

うんちく書きます。
トマトのリコピンの抗酸化力は、同じカロチノイドの仲間でもあるβカロチンの2倍以上、ビタミンEの100倍以上とも言われていて、トマトを食べることにより、栄養とその有効成分の作用で糖尿病や大腸がんの発症リスクが下がるという研究結果も。ダイエットや美肌効果を得るのに有効とされる必要な摂取量は1日にリコピン16mg程といわれます。生食用のトマトは2、3個分、ミニトマトなら15、6個くらい、ホールトマトなら2分の1強が相当です。
 
リコピンは、油に溶ける性質を持っているため、トマトをオリーブオイルなどで調理すれば吸収率がアップし、さらに効果的です。
 
トマトを食べるとリコピンは、小腸から吸収されて全身を循環して、約6~8時間後には肌の細胞に到達します。
夜にトマトを食べておけば就寝中に脂肪細胞の燃焼を促し、紫外線にさらされる翌朝までにはお肌に有効成分が届いてくれるのが「夜トマト」の理由です。
 
ただし1日や2日だけトマトを食べても意味はないのです。
 
なぜならカラダの細胞の入れ替わりは約60日といわれ、その働きが定着する期間を考えると効果を期待するには最低でも3ヶ月が必要。

では‥‥夜にトマトを食べる。3ヶ月続ける。トマトたっぷりのスパゲティソースつくってみるにトライしてみまぁす。大切な人も夜にミニトマト食べて~。ではお風呂にチャポンとはいってきます。おやすみなさい。
スポンサーサイト
2013.08.06 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://yokosimarecipe.blog40.fc2.com/tb.php/438-3713bd59
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。